TV ホンネの殿堂!続編 ~昭和と平成の格差

c0161034_18455041.jpg



楽しみながら絶対キレイになる!
奈良・新大宮のセンスアップ&カラーセラピースクールはコチラ

カラースクール color studio A+STYLE 講座開講スケジュールはコチラ


先週の「ホンネの殿堂!紳助にはわかるまいっ」

なかなかVTRを入手することができず・・・
youtubeには、
別コーナーのギャル曽根のすっぴんは出てるんだけどなぁ。

さて、そんなVTRを探すべく、
色彩の講義でも、生徒のみんなに
小ネタとともにTV出演の話と、インタビュー当日の話をしています。

昨日も、ヒューマンアカデミーの色彩検定対策講座。
生徒さんは、16歳(高校2年生)~20歳までの女子と、
かなり若いクラス。

そこで授業開始時間前に、いつものごとく
「TVのインタビューで、“アラフォー世代の人に聞く!”
っていうアンケートでね・・・」
と、話し始めたがほぼ無反応。

普通同年代の人なら、そこだけでも反応してくれるのに、
彼女たちにとっては、「アラフォー」という言葉は、
未知の世界すぎるのか、
まったく“アウトオブ眼中”(←この言葉も久々に使った)

あれ?無反応?と思いながらも、
「あばよ!」のオチまで、とりあえず話しきった。

本来なら、そこでドカン!、もしくは、クスッと笑いがもれるところ。

し~ん。

むしろ、
キョトォ~ン。

あれ?

「柳沢慎吾とウエンツどっちが好き?」と聞くと、

これまた、「う~ん・・・?」とほぼ無反応。

「あれ?柳沢慎吾って知ってる?」
と聞くと、

「なんとなく・・。たまに出てる人ですよね?
 でも何している人かは、よくわかりません」
 と、お互い顔を見合わせるみんな。

「え?知らん?
 ウ~、ウ~ってサイレンのまねして、タバコの袋出して、
 警察の無線まねする人。」と、

両手を頭の上で、くるくる回しながら、
なぜか、嫌いなはずの柳沢慎吾のネタを一生懸命披露している私。

それでも、う~ん、なんとなく、と言う表情。

「え?私のこの両手の処理は?」
と心の中でつぶやく私。

みんなも、気まずく愛想で笑ってくれている感じ。

笑いがこぼれることも、話が広がることもなく、
場が温まることもなく・・・
逆にみんなに気を使わせてしまった感。

「さっ、じゃぁ今日の授業に入ろうかっ」と、
何事もなかったかのように、両手をおろし、
切り上げるしか他はない。

そういえば、ちょっと前、元スッチーの友人が、
CAの養成スクールで講師をしたとき、
小ネタで「のろまな亀です」と
スチュワーデス物語のワンシーンをやって見せたら、
見事に無反応で、ダダすべりだったって言ってたなぁ。

だって、受講生は全員平成生まれなんだもん。

一世を風靡したあの、スチュワーデス物語とはいえ、
再放送ですら見たことがない世代。

無理だよね~。

両手を広げて、飛行機のまねをして、
教卓をくるりと回った彼女の姿、
美人だけに、辛かっただろうな・・・と
今更ながら、胸中察して胸が痛むわ。。。

私はそんな彼女が大好きだけど。

昭和と平成のハザマでギャップを感じているところが、
アラフォーの証なのかもしれませんね。

ハハハ。
とほほ。


自分を知って、自分流スタイルを磨くトータルカラースクール
color studio A+STYLE
c0161034_18564384.jpg
[PR]

by astyle-color | 2009-08-20 03:13 | 色のご縁