「ほっ」と。キャンペーン

笑顔のお手伝い ~敬老の日~

c0161034_18455041.jpg



奈良在住のカラーイメージコンサルタント 林 由恵の
パーソナルカラー・カラーセラピー・イメージコンサルティング・プライベートなど
色と暮らすマイニチ。



●奈良・新大宮のセンスアップ&カラーセラピースクール生徒募集
  9月28日(月) 体験講座
 コチラ現在キャンセル待ちです。
●カラースクール color studio A+STYLE 講座開講スケジュール 9月24日更新 コチラ
●感性と脳力を磨く” 色彩心理と速読をベースにした脳活性トレーニング1日レッスン
 10月24日(土) 大阪校他 セミナー情報はコチラ

●大阪 ウエディングハウスにて パーソナルカラーセミナー&生パスタディナー 
 11月9日(金) カラーセミナー・イベント情報はコチラ



先週、老樹サナトリウム(老人病院)へボランティアに行って来ました。
敬老の日の恒例行事。
今年で6年目。

おじいちゃんやおばあちゃんたちと、
大きなキャンバスに思いっきり絵の具で塗り絵。
アートセラピー(芸術療法)のひとつで、
『ペイントイン』というワークです。
家族の方も一緒に参加されます。
c0161034_2385685.jpg


「何色が好き?」
「ピンクを一緒に塗ってみましょう~」
などなど、楽しくお話しながら塗っていきます。
c0161034_240379.jpg


ちなみに、上の写真は私の大師匠、光岡先生。
そばにいるだけで、あたたかい気持ちになります。
色ももちろんですが、人間の深さが半端なくすばらしい。
私も経験積んで、あんな雰囲気が自然ににじみ出るような人間になりたい。


今年のキャンバスは全部で8枚。
裏方では、はみ出たり、ムラのある部分を修正。
c0161034_2514976.jpg


実はこの作業、かなり楽しい。
『無』になって、色と向き合います。

アートセラピーの効果は、心理・体調の読み解きだけでなく、
「作業療法」でもあるので、「塗る」「作る」など、
その行為そのものが癒しにつながります。

裏方にまわりながら、すっかり癒された私。

完成するとこんな感じ。

c0161034_2543737.jpg


これは昨年の作品。
修正作業には、何ヶ月もかかります。

病院のロビーや廊下、いたるところに飾られます。

これを見て、また
「この間は楽しかったね~」
「私が塗ったのはここの部分。」などなど、会話が広がります。

この病院のおじいちゃん、おばあちゃんは
みんな顔色がよく、肌もツヤツヤ。
100歳以上のご長寿の方が何人もいらっしゃいます。
表情も明るく、穏やかで
「愛されている。大切にされている」というのが表情に出ているんだなぁ、
といつも感じます。

先生や看護士さん、スタッフの方がとっても明るくて、あたたかいんです。

おばあちゃんの中には、涙を流して
「ありがとう」「楽しかった」と、
私たちに手を合わせてくださる方もいます。

こっちまで泣けてきそうになります。

私たちは、年に1度しか伺うことはできないけれど、
年に1回でも、みなさんの笑顔のお手伝いができているんだなぁと、
恥ずかしい反面、うれしくなります。

色を通して、それができていることが何だか不思議でありがたい。
こんなご縁をくださっている、光岡先生と色のお仲間に感謝感謝です。


色彩心理を勉強されているみなさん、
一人でできることは小さいかもしれないけれど、
必ず誰かが喜んでくれることができます。
絶対、やっててよかった~と思うことがありますよ(^-^)ノ











自分を知って、自分流スタイルを磨くトータルカラースクール
color studio A+STYLE
c0161034_18564384.jpg
[PR]

by astyle-color | 2009-09-25 03:02 | 色のご縁